コンパクトで便利!小さい財布オススメ6選

ホーム > 小さい財布について > 小さい財布の主たる3つのメリットとは

小さい財布の主たる3つのメリットとは

 財布の大きさは、色々あります。
人によっては長財布を持っている事もありますが、小さい財布にメリットを感じている方々も多いです。
例えば、コンパクトさに関するメリットです。
確かに長財布は、お金を比較的取り出しやすい構造になっています。
小銭なども取り出しやすいですが、衣服によっては収納するのが難しい事もあります。
財布は、基本的にはポケットなどに収納する事にはなります。
しかし長い財布ですと、ややサイズが大きい都合上、ポケットの中に収納できるとは限りません。
座る場所によっては、長い財布が邪魔になってしまう事もあります。
それに比べると小さい財布は、とてもコンパクトです。
ポケットの中にも問題なく収納できますし、持ち運びしやすいメリットがあります。
コンパクトさを重視するなら、小さめな財布はおすすめです。

 ところで財布は、機能性だけが重視される訳ではありません。
見た目も大切です。
確かに財布には、小銭やお札などを収納してくれる役割はあります。
しかし財布には、アクセサリーとしての役割もあります。
誰かと一緒に会食する時などは、たいてい財布も見られる事になります。
非常に目立つ訳です。
見られる機会が多いなら、財布の見た目も軽視できません。
現におしゃれな財布を持っていると、客観的な印象が良くなる事も多いです。
その点小さめなお財布は、多くの方々からそのサイズが高く評価されています。
小さめなサイズなので、人によっては可愛らしいと評価している事もあります。
小さいながらも日々活躍してくれるアイテムだけに、それを愛用している方も多いです。
可愛らしさを重視するなら、小さめな財布がおすすめです。

 それと小さい財布には、中身に関するメリットがあります。
確かに長い財布は、お金などを取り出しやすいメリットはあります。
その代わり、中身を見られてしまうリスクがあります。
長い財布は、中身は比較的見られやすい構造になっています。
その財布を開いてみると、同席している人物に所持金を全て見られてしまう可能性があります。
それに対して小さめな財布の場合は、中身は見られづらい構造になっています。
たとえ小さめな財布を開いたところで、所持金がどれぐらいあるか分からない事が多いです。
ですからプライバシーが気になる時も、小さめな財布がおすすめです。
つまり小さめなサイズの財布には、主に3つのメリットがあります。
「コンパクトなので使いやすい」のと「見た目の可愛らしさ」と「中身を見られづらい」です。

次の記事へ

カテゴリー

PAGETOP